記事一覧

【解説】文字コラの作り方(ios版)

『文字入れにどんなツールを使っていますか?』というコメントを頂いたので、良い機会ですし文字コラの作り方について解説してみようと思います。
一応以前に文字コラの作り方について記事を書いたことがありますが、そっちは少し古い内容なのでこちらを参考にして頂ければ幸いです。


まず自分が使用しているアプリは以下の2つです。

・Phonto(ios版)
・フォトアレ(ios版)

これは昔と変わらないですね。画像で議論板の頃からこの2つのアプリを使って文字コラを作っています。
注意点としてはios版じゃないとダメな事です。android版のPhontoは機能が少なく、使い勝手もあまり良くないので個人的にはオススメしません。

次は実際にPhontoで画像を編集して、文字を入れるスペースを画像の横に作ってみましょう。
初心者の方はところどころで一度保存しておくと失敗した時のリカバリーがしやすいと思います。


①Phontoを開いて画面の下の方にあるカメラのマークをタップ

2018092623022997c.jpeg


②『プレーンな画像を使用する』を選択

201809262302566d8.png


③右上にある"真っ白な画像"を選択。その後、画面上部の『2048 x 2048』をタップ。

20180926230851caf.jpeg


④画面左上にある"カスタム"をタップ。

20180926231247490.jpeg


⑤この画面が出てきたらPhontoでの操作は一旦終わりです。

20180926231407fae.png




①続いてフォトアレを開き、画面左下にある"アルバムのようなアイコン"をタップ。
(念のために広告のバナーを修正で消していますが、本来なら紫色で塗りつぶした部分に広告が入ります)

2018092623283292a.jpeg


②アルバムの中から文字コラに使いたい画像を選択。その後、画像が表示されている部分をタップすると、左上にその画像のサイズが表示されるようになります。これでフォトアレでの操作は終わり。
(今回は1500x1150サイズの画像を例にして作業を進めていきます)

201809262336057c1.jpeg



またPhontoに戻り、今度は文字コラの土台となるベースの画像を作っていきます。

①上記の画像サイズを打ち込んで行きます。この時、文字入れスペースを確保するために横幅だけは2倍の数値にして入力して下さい。今回は1500x1150なので『高さ1500 幅2300』にしました。

20180926234736727.png


②右上の変なアイコンを押し『使用する』を選択。これでベースの完成です。

20180926235245afc.jpeg


③続いて画面左下の三アイコンを押して『画像を追加』を選択。

2018092623563804f.png


④画像をタップするとこういう画面が出てくるので、画面右上の『完了』を押して下さい。これで①で作ったベースに、画像が追加されるようになります。

201809262358428a9.png


⑤今回は文字入れスペースの背景にも画像を入れたいので、もう一度③④の工程を繰り返して下さい。

⑥『追加した画像』は指で自由に動かすことが出来ます。今度は『追加した画像』をタップしてサイズの変更をしてみましょう。

20180927000441a9c.png


⑦『サイズ、幅、高さ』の項目が出てきますので、サイズを185の数値に設定して下さい。それが終わったら、もう片方の画像も同じように設定しておきましょう。

20180927000707f4f.png


⑧あとは2つの『追加した画像』がベースに収まるように位置を調整して下さい。指で大まかな位置を決めたら『移動』の項目から微調整を行うのがコツです。

少しベースからはみ出るかもしれませんが、それも計算済みなので気にしないで下さい。
逆にはみ出ないギリギリのサイズだとベースの下地が見えてしまう事があるんですよね(;´ω`)

先程の185というサイズは細かな微調整をせずに1発で綺麗に編集できる絶妙なサイズなので、とりあえず185に設定しておけば大丈夫だと思います。

20180927002517bc8.png


⑨次に左下の三アイコンを押して『アイテムを追加』を選択し、ごく普通の四角をタップ。これでベースに四角が追加されます。

201809270027561af.jpeg


⑩次に四角をタップして『色』の項目を選択。するとこういう画面が出てくるので、色を左から5番目のブラックにしてから、下の方にある『透明度』を0.50に調整して下さい。

これは文字入れスペースに被せて使う専用の画像です。そのまま文字を入れるより、背景が黒っぽい方が文字が見やすいという恩恵の為ですね。

20180927004528a98.png


(11)今作った黒い画像をタップし『サイズ』の項目を選択してサイズを大きくします。自分は面倒なので一気にMAXまで大きくしちゃいます。その後、画像のように真ん中から右側に黒い画像が被るよう位置を調整して下さい。

20180927004551502.png


(12)綺麗にできたら右下の変なアイコンから『画像をPNGファイルとして保存』を押して下さい。
これで文字コラ用の画像の完成です。お疲れ様でした。

201809270047567f4.png



続いて文字を入れていく作業に移ります。

①Phontoの画面下部にあるカメラのアイコンを押し『写真アルバム』から先程作った文字コラ用画像を選択し、右上の『完了』を押す。

201809270051462eb.png


②続いて画面をタップし『文字を追加』を選択。とりあえず適当な言葉を打ち込んで『完了』を押しておきましょう。

20180927005430825.png


③今回は例として「07やさしさゴシック」というフォントを使用して、なるべく沢山の文章を詰め込めるようにしつつ、見やすさも考えた設定で作っていきます。
まずは上記の通り『フォント』の項目から「07やさしさゴシック」を選んで下さい。

201809270058296b3.png


④次に『サイズ』の項目を選択し、数値が0.19になるよう設定しておきます。

20180927013200a81.png


⑤次に『スタイル』の項目を選択。『ストローク』を押して、色を左から5番目のブラックに変更して、画面下部にある『幅』の数値を30に調整して下さい。

20180927010113c82.png


⑥画面上部の『スタイル』というタブを選択。スタイルという項目のなかに、更にスタイルっていう項目があるので少し紛らわしいですね(^^;)

そうしたら色をド派手なピンク(矢印と同じ色のピンク)に変更。
画面下部の一番右にある『Aa』をタップ。
『ぼかし』の数値を1.00に変更。

20180927010607638.jpeg


⑦最後に『間隔』のタブを開き『文字』と『行』の数値を0.05くらいに調整しておきます。
この数値が大きいと文字同士の間隔が広がるので文字が見やすくなりますが、逆に言うと貴重な文字入れスペースを圧迫する事になってしまいます。

特に自分のこの作り方は一般的な文字コラと比べると、1枚に詰め込める文字数が少ないので、文字入れスペースは結構貴重なんですよね…(´・ω・`)
この辺りは各人の好みもあると思うので、自分の好きなように調整してみて下さい。

2018092701221448f.png


⑧これで基本的な設定を一通り終わらせたので、いよいよ文章を打ち込んでいく作業に移ります。
「文字コラの文章の考え方」に関しては後日、別の記事に書く予定なので次回も絶対見てくれよな!


(EX)文字コラ作っててたまに「微妙にスペース空いちゃったけど、これ以上付け足すセリフが思いつかないな…」って事が良くあります。
少しスペースが空いてると見栄えが悪いというか、なんか妥協した感が出ててモヤモヤするというか…。

20180927013657a2d.png


そんな時は⑦の工程を思い出して下さい。試しに『行』の数値を0.05から0.07に変えてみましょう。

201809270141017bd.png


微妙に余ってたスペースが埋まって良い感じです。


とりあえず文字コラの作り方は以上になります。
我流ですし、説明もあまり得意じゃないので参考になるかどうか少し不安ですが(;´ω`)

もし分からない部分があったらコメントで教えて頂けると助かります。

それではここまで長文を読んで頂きありがとうございました&お疲れ様でしたm(_ _)m

コメント

No title

お疲れ様です!こういう風に作られてたんですね。いつも読む方なんですが書く方に少し興味が湧きました

なるほど わかりやすい!
そして こんな使い方があったんですね!!
勉強になりました

なるほど わかりやすい!
そして こんな使い方があったんですね!!
勉強になりました

すごく丁寧に書かれてますね!

だいたい1作品にどれくらい時間をかけていらっしゃるのですか?

おそらく文書を考えることに時間がかかりそうですね。その時間は結構楽しくて私は好きですが…(笑)

>1コメさん
文字コラは見るだけじゃなくて作るのも楽しいので是非作ってみて下さい(^^)
ニッチな性癖を布教するのにも使えますよ!

最初に作る時はとりあえず整合性をガン無視して、その場の勢いだけで文章考えるのがオススメです。

>2〜3コメさん
ありがとうございます。
Phontoはスマホのアプリとしては色んな機能がありますし、自分もまだ使いこなせてはいないので、いろいろ試してみると良いと思います。

>たるとさん
>だいたい1作品にどれくらい時間をかけていらっしゃるのですか?

今は画像編集込みで1時間から2時間って感じです。
ごく稀に2〜30分で終わる事もありますが、逆に画像編集したあと全く文章が思い付かなくて放置する事もあります。

確かに文章を考えるのって大変ですね(^^;)
文字コラだと文字数の制約もありますし、そのシーンの描写をセリフで説明しないといけないので、文字コラ特有の大変さがあると思います。
それも含めて楽しいんですけど(`・ω・´)

No title

前回文字入れについて質問をさせて頂いた者です。
こちらの記事を参考に、はじめて文字コラを作ることができました。
ありがとうございます!

しかし形を真似しただけでは、チンポスキーさんのように素晴らしい作品は作れないということを痛感しました。
文字コラの文章って難しいんですね。
次回の「文字コラの文章の考え方」も是非参考にさせて頂きたいです。
とても丁寧な解説で勉強になりました。

>6コメさん

文字コラの文章を考えるのって慣れるまでは大変かもしれないですね(^^;)

でも一番大事なのは普段の妄想で「こんなこと言われてみたいなぁ」っていうセリフを考える事だと思います。

上手くまとまった文章が書けるならそれに越した事はありませんが、最初の内はとにかく自分がエロいと思った文章を展開していくと、意外と上手く作れますよ(`・ω・´)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>8〜9コメさん

大丈夫ですよ!
あまりまとまった内容ではなくて恐縮ですが、ご自由にお使いくださいm(_ _)m

もし分かりにくい部分や冗長な部分があったら、スレの人たちの判断で適宜、編集などを加えて頂けると嬉しいです(`・ω・´)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>11コメさん

了解ですm(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント